記事の詳細

歴代のサッカー日本代表の中で、一番好きで印象に残っているのは、中山雅史選手です。

ゴン中山という愛称で親しまれており、ポジションはフォワードです。

中山選手は、綺麗なサッカーよりは泥臭いサッカーをするタイプだと思っています。

例えば、日本代表やクラブチームでのプレイについても、綺麗に決めるゴールよりは、

体で押し込むような泥臭くて熱いプレイスタイルがとても魅力的でした。

中山選手といえば、非常に印象に残っているのが1998年のワールドカップフランス大会です。

初戦と2戦目で敗戦してしまい、しかも2戦目終了時点で日本側はノーゴールだったのです。

しかし、3戦目の対ジャマイカで、中山選手はワールドカップ日本人初ゴールを決めてくれました。

これは、大変誇らしいことだと思っています。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

ページ上部へ戻る
ライブチャットはコチラ