記事の詳細

2006年に開催されたドイツワールドカップで、日本代表チームは残念ながら一勝もできずに大会を去りました。

しかしこのような不調の中でも勝利のために気を吐いていた選手の一人がゴールキーパーの川口能活選手です。

大きな声を出してチームメイトを鼓舞する姿は非常に感動的でした。

また第二戦のクロアチアとの試合で負けると予選リーグ突破の可能性が低くなってしまうという大切な場面で、

日本代表はクロアチアにペナルティーキックを与えてしまいます。

しかし完全にコースを読んだ川口選手は見事にペナルティーキックをストップし、

その後も大きな声でチームメートを励まし続けたのです。

このようにチームを活気づけるために一生懸命頑張った川口選手は大好きなゴールキーパーの一人です。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年12月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

ページ上部へ戻る
ライブチャットはコチラ