2015年 12月

  • 闘争心むきだしの男 岡野雅行

    「野人」という闘争心むきだしの男、岡野雅行。やはり、彼といえば「ジョホールバルの歓喜」 サッカー日本代表を初のワールドカップに導いた男と言っても過言ではないだろう。さかのぼること早18年前の出来事だった。当時、小学校3年生だった私は、今でもはっきりと覚えている。 1997年、…

    • 2015.12.09
    • 闘争心むきだしの男 岡野雅行 はコメントを受け付けていません。
  • 炎の守護神とも呼ばれた川口能活選手

    歴代の日本代表選手の中で一番好きなのは、炎の守護神とも呼ばれた川口能活選手です。あとにも先にも川口選手よりもすばらしいゴールキーパーはいません。甘いマスクも素敵ですし、ゴール前から選手たちを 叱咤激励し、前へ前へ攻めるように指示を出す姿が本当にたのもしく、日本代表には必要不可欠…

    • 2015.12.09
    • 炎の守護神とも呼ばれた川口能活選手 はコメントを受け付けていません。
  • 三浦知良。彼は私の人生だ

    1993年、Jリーグの開幕紛れもなく中心にいたのは、ヴェルディでした。当時のヴェルディはラモス瑠偉、柱谷哲二、北澤豪、武田修宏がいました。そんな中でも間違いなくカズは僕の憧れだった。 高速のシザースで相手の重心をずらし、一瞬で置き去りにするドリブル、コースを読んだ完璧なシュート…

    • 2015.12.09
    • 三浦知良。彼は私の人生だ はコメントを受け付けていません。
  • 日本歴代1位の国際Aマッチ出場数 遠藤保仁

    ガンバ大阪に現在所属している遠藤保仁選手は、日本歴代1位の国際Aマッチ出場数152という記録も残している稀代のミッドフィールダーです。なによりその魅力は、視野の広さと正確無比なパスセンス、そしてクレバーな守備もできるという点だと思います。経歴としては、名門の鹿児島実業高校卒業後に…

    • 2015.12.09
    • 日本歴代1位の国際Aマッチ出場数 遠藤保仁 はコメントを受け付けていません。
  • ドイツで揉まれただけのことはある中村俊輔

    現在のサッカー日本代表のどの選手も勿論好きですが、サッカーを見る目がある程度養われたという実感がある1998年フランスW杯以降、最も思い入れを持って見つめていたのは、高原直泰選手です。 日本ではスルーパスを出すMFの選手がもてはやされる感がありますが、サッカーは結局のところ…

    • 2015.12.09
    • ドイツで揉まれただけのことはある中村俊輔 はコメントを受け付けていません。

カレンダー

2015年12月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る
ライブチャットはコチラ