記事の詳細

低いポジションでプレーして守備、そして攻撃の双方に貢献するのがディフェンシブハーフです。

今ではボランチと呼ばれているこのポジションは、現代サッカーにおいて非常に重要なポジションと考えられています。

 

 

日本代表が初めてのワールドカップ出場をかけて戦った

94年アメリカ大会の予選でこのポジションでプレーしたのが森保一選手です。

これまであまりスポットライトを浴びることがなかったこのポジションの重要性は森保選手の活躍によって日本中に知れ渡ります。

攻撃の芽を早い段階で摘み、奪ったボールを前線に送るという攻撃のパターンは非常に効果的です。

 

 

森保選手は「森・保一」と選手紹介でコールされてしまうほど無名の選手でしたが、

その実力によって日本代表に欠かすことのできないディフェンシブハーフとなりました。この選手のプレーが自分は大好きでした。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

ページ上部へ戻る
ライブチャットはコチラ