記事の詳細

今ではサイドバックに攻撃的な選手を置くことが一般的です。

そして歴代の日本代表にもこのような選手がたくさんいました。

そのうちの一人が都並敏史選手です。

 

もともと右利きだった都並選手は左足でのキックを覚え、左サイドバックのポジションをものにします。

そして相手チームのペナルティーエリア付近までオーバーラップし、センタリングを上げるのがこの選手の持ち味でした。

テクニックに優れていたこともあり、時には相手陣内でボールをキープすることもありました。

不動の日本代表の左サイドバックとして活躍していた都並選手は94年のワールドカップ予選中に骨折してしまいます。

そして都並選手を失った日本代表はワールドカップ出場権を逃してしまうのです。

 

この選手の貢献度が計り知れないものであったことがこの時明確になりました。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年12月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

ページ上部へ戻る
ライブチャットはコチラ