記事の詳細

私が小学校から高校までサッカーをゴールキーパーをやっていたので特に思い入れのある選手です。
川口選手はゴールキーパーとしては決して身長が高い方ではありませんが、反応の早さと全身のバネで神がかり的なセーブを連発し、ここぞという時に本当に頼りになる守護神です。

まず一番印象に残っているのはアトランタ五輪のブラジル戦です。
日本は中田選手、前園選手、城選手など、若くて才能のある選手たちをようしていましたが、一方ブラジルもロベルト・カルロス、ロナウド、リバウド、アウダイールなど、サッカーファンなら知らない人はいないほどのビッグネームが名を連ね、大方の予想は当然ブラジルの勝利でした。
「マイアミの奇跡」と語り継がれているように、奇跡的に日本が勝利をしましたが、この歴史的大金星の立役者は川口選手だと思います。
とにかくブラジルの猛攻をセービングし続け、相手の集中を切らしていきました。ブラジル選手がイラついていたのをよく覚えています。
川口選手はとにかくここ一番に強い精神力の持ち主で、大事な試合だと必ずと言っていいほど活躍している印象です。

その他では、2004年のアジアカップ準々決勝のヨルダン戦でPK戦までもつれ込んだ結果、PKを2本止めて日本を勝利に導いた試合や、日本が初めてのワールドカップに出場したアルゼンチン戦など、印象に残っている試合は数多くあります。

その後、日本代表のみならず海外のクラブでも経験を積んで、今も現役で活躍されています。
私は是非、川口選手には恵まれた経験を生かしてゴールキーパーコーチとして日本サッカーに貢献してほしいと願っています。
ゴールキーパーとして海外で経験を積んだ選手は数少ないですし、身長の低さをカバーできる技術や、反応を高めるトレーニングなど、様々な事を若い選手たちに教え込んでほしいと思います。
川口選手は高校時代、ブラジル留学を経験し、3年の時にはブラジル人コーチが高校に来て指導をしてくださったそうです。
サッカーだけでなく他の分野でもそうだと思いますが、若い時にいかに素晴らしいコーチと巡り合うか、正しい技術、メンタルを教え込んでくれる監督に指導をしてもらえるかによって、スポーツ人生は決まってくると思っています。
引退後の事を考えるのはまだ早すぎるかもしれませんが、川口選手には、世界をあっと驚かせるようなゴールキーパーを育成して、世界のビッグクラブのゴールマウスを日本人が守っている光景を目の当たりにしたいです。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年11月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る
ライブチャットはコチラ