記事の詳細

外国の選手に比べると体が小さなことで知られている日本代表選手ですが、

そんな中でもアジアの大砲として恐れられていた選手がいます。それは高木琢也選手です。

 

長身であった高木選手はヘディングはもちろんのこと足元のテクニックにも優れており、

センターフォワードとして日本代表チームに数々の勝利をもたらしてきました。

特に1992年のアジアカップ決勝では当時の強豪チームであったサウジアラビアを破る決勝ゴールを決めました。

センタリングを胸でトラップし、落ちたボールをゴールに流し込むという実に美しいゴールでした。

これまではゴールすることだけがフォワードの仕事と考えられていましたが

高木選手は味方を活かすプレーができる選手であり、新しタイプのフォワードであったために大好きな選手でした。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2019年12月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る
ライブチャットはコチラ