記事の詳細

アナウンサーの問いかけに「どうなんですかね」と正直すぎる返答を連発し、

サッカー解説ではあまり評判がよくない木村和司さんですが、現役時代のプレーはすごいものがありました。

所属はマリノスの前身・日産。ポジションは攻撃的中盤です。

今から30年も前のことですから、デイフェンスのチェックが緩かったこともありますが、

トップ下でボールを受けるとキープを続けてフォワードへラストパスするプレースタイルでした。

現代サッカーでは見当たらないタイプです。

少し前のリケルメ選手(アルゼンチン)に近い感じでしょうか。

フリーキックの名手であり、85年W杯メキシコ大会アジア最終予選韓国戦のゴールが最高に記憶に残るゴールでしょう。

試合には敗れたものの、40メートルの距離から放ったフリーキックは弧を描いてゴールに吸い込まれました。

 

フリーキックの醍醐味を日本にもたらした功労者であり、そこが好きな理由です。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年12月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

ページ上部へ戻る
ライブチャットはコチラ