記事の詳細

最初に宮本を見たときは日韓ワールドカップの時の鼻プロテクターをした姿です。

フェアなプレースタイルなのに体格に勝る外国の選手とも互角に対峙していたのがすごく印象に残っています。

 

2004年のAFCアジアカップのヨルダン戦で中村俊輔と三都主アレサンドロがPKを外した時点で、

当時キャプテンだった宮本恒靖がサイドの変更を主審に提案したのが印象的でした。

サイドを変更したおかげでヨルダン戦に勝つことができたため、キャプテンとしての宮本の偉大さを確認できる試合でした。

 

また、日本人として初めてFIFAマスターの称号を取ったことも今後の日本サッカーを考えると偉大なことなんではないかと思っています。

そのことから、宮本恒靖を歴代のサッカー選手の中で最も好きな選手です。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る
ライブチャットはコチラ