記事の詳細

サッカーの歴代日本代表選手で私が好きなのは、一時代を築いたMFの中田英寿さんです。中田英寿さんはMFで日本代表を間違いなく牽引した立役者の一人で、日本サッカー界にとても大きな爪痕を残しました。

 そんな中田英寿さんがどうして好きなのかというと、それは伝家の宝刀と言われたキラーパスがとても魅力的だったからです。中田さんから繰り出されるキラーパスは、相手チームの選手にとってとても厳しいパスです。DFの間隙をついて出す縦のスルーパスは、相手チームの選手なら誰でも嫌がるようなコースへといつも出されていました。しかし、それは相手チームの選手だけに限ったことではありません。そこへ走り込むFWにとっても厳しいパスだったのです。

 同じ日本代表の遠藤保仁さんや中村俊輔さんのパスは、相手へめがけるような優しいパスです。その精度は非常に高く、ふんわりとしたボールがとても多いです。それはそれで素晴らしいパスなのは間違いなく、日本代表を何度も救ってきました。

 それに対して中田英寿さんは容赦のない敵陣を切り裂くような厳しいボールを、常に出していました。それは中田英寿さんが誰に対しても決して妥協しないという強い意志が垣間見えましたし、その姿がとてもカッコ良かったのです。

 チーム内の和を重んじることの多い日本のサッカーでは、中田英寿さんのそうしたオリジナリティーがマッチしていないこともありました。ただ、観ている側としてはそれがとても斬新に感じられましたし、新しい日本代表の幕開けを予感させたのです。

 中田英寿さんを取材した雑誌記事やインタビューを読んでみると、その強烈な個性が浮き彫りになっています。日本は和を重んじる協調性のあるチームだからこそどこか積極性に欠けるところがありましたし、そんな中に中田英寿さんのプレースタイルはとても輝かしく見えました。

 中田英寿さんのキラーパスが出るたびに得点の予感を感じずにはいられませんでしたし、そういうボールを持っただけで期待感を抱かせてくれる選手は決して多くありません。それだけにどちらかといえば少し早めに引退を決意してしまったのは残念でしたが、もっと長くプレーを見ていたかった選手の一人であることに違いはありません。

 今の日本代表に絶好調期の中田英寿さんが加わったら本当におもしろかったでしょうし、そんなことも想像してしまいたくなる選手でした。ですので、中田英寿さんのようなキラーパスを出せるサッカー選手が、これから先登場して欲しいです。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年2月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリー

ページ上部へ戻る
ライブチャットはコチラ