記事の詳細

中田英寿は歴代の日本代表の中で間違いなくNo.1プレーヤーだったと思います。海外に行く前のベルマーレ平塚時代からその日本人離れした以上なフィジカルの強さ、そして冷静沈着で頭脳派の選手だったと思います。その当時の彼のプレーを見ていて「この人は日本人プレーヤーとしては今までに見たことがない選手だ!」というやや興奮したふつふつとわき上がる期待感を今でも鮮明に覚えています。当然ですが、当時からすでに日本代表の中心の核の部分でプレーするいわゆる司令塔になることなどは容易な予想でした。また当たり前のように海外でも通用するのではないかとも思っていました。その通り彼はすぐに海外のクラブチーム、それもあの当時人気絶頂であった「セリエA」のチームに入団しました。正直カズさんがセリエAに行ったときよりもさらに期待度が高かったと思います。そしてその直後のシリーズ開幕戦である「ペルージャ×ユベントス戦」。おそらくこの衝撃は2度と忘れることはないでしょう。劇的な2ゴールの大活躍。この1日だけで間違いなくセリエAファンに対して強烈なインパクトを残したはずです。未だかつてあれだけの強烈なインパクトを残した選手が他にいたでしょうか。いや、私の記憶の中にはあれ以上の選手は日本から出てきてはいません。そしてその後も彼は「フィジカルモンスター」などのあだ名がつくほど、どんなゴツい相手にも当たり負けしない強さを見せつけるのです。どれだけあのレベルの高い選手達がそろったセリエAの中で戦っても見劣りすることがありませんでした。あの高レベルの中で同レベルで渡り合っていました。それはあのイタリア代表の背番号10番のトッティ程とはいわなくとも決して明らかな差があるとまでは言われない程だったのではないかと思います。今も海外で数多くの日本のプレーヤーが活躍しています。彼らのレベルも決して低いわけではありません。ですが、中田英寿ほどの逸材であるかどうかは多少疑問ではあります。名門チームに行った選手もいますが、そのチームに相当する選手であるかどうかといったところはかなり難しい判断になります。あのネイマールが口にもした中田英寿。彼は間違いなく日本歴代最高レベルの選手であって、プレーにおいても強烈な印象を残し続け、そして日本のサッカーファンを期待させ、非常にわくわくさせてくれたプレーヤーです。今後はこの中田英寿に負けるとも劣らないようなプレーヤーが日本から出て来てくれることを心から望んでいます。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年12月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

ページ上部へ戻る
ライブチャットはコチラ