記事の詳細

私が歴代サッカー日本代表選手の中でも最も好きなのは、高原直泰選手です。

始めは坊主頭が何となく目に付いていただけだったのですが、

見ているうちにその野性味あふれるプレースタイルにすっかり魅了されてしまいました。

高原選手が出場した試合の中でも特に印象に残っているのは、

2006年ドイツW杯の直前に行われたドイツとの親善試合です。

この試合で高原選手は2得点を決め、強豪ドイツと2-2の引き分けに持ち込むことができました。

特に1得点目、ドイツのコーナーキックから日本がカウンター攻撃を行い、

キーパーと1対1になった高原選手が豪快にゴールネットに叩き込んだのは、見ていてとても興奮したのを今でも覚えています。

残念ながら本番のドイツW杯では目立った活躍をすることは出来ませんでしたが、

高原選手のワイルドなプレーはいつも私を熱くさせてくれました。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年12月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

ページ上部へ戻る
ライブチャットはコチラ