記事の詳細

歴代サッカー日本代表選手で最も好きな選手は森島寛晃です。

2002年6月14日、日韓ワールドカップグループリーグ第3戦チュニジア戦が開催された長居スタジアムは

ミスターセレッソ森島寛晃選手が所属するセレッソ大阪のホームスタジアム。

そこで決勝トーナメント進出を決めるゴールを決めた事は忘れられません。

献身的に動き、チャンスに後ろから飛び出してきて決定的な仕事をするプレースタイルは本当に魅力的で、

西澤選手とのコンビは最高でした。

また、「日本一腰の低いJリーガー」と呼ばれたようにピッチ外ではファン・サポーターに対してものすごく丁寧に接してくれました。

しかしその一方でピッチに入れば闘志あふれるプレーでチームやサポーターを鼓舞してくれる選手でした。

森島寛晃選手が背番号8番を付けてセレッソでプレーし続けた事で、

セレッソでは背番号8が特別な番号となって香川・清武・柿谷らのチームのエースが背負い、

また下部組織でもチームのエースがつける背番号となりました。

2013年のU-12ジュニアサッカーワールドチャレンジに出場したセレッソ大阪U-12が大敗してしまった時に、

8番を付けた選手が「セレッソの8番なのに何もできなかった」と号泣していたのですが、

それも全て森島寛晃選手がいたからこその事です。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る
ライブチャットはコチラ